« 魔女幻葬 【うみねこのなく頃にEp7ネタバレ】 | トップページ

2011年1月10日 (月)

うみねこ終わった【うみねこのなく頃にEp8ネタバレ】

素晴らしい最終回だった。

ハッピーエンドに向かって突き進んだひぐらしの最終回とはまた違い、最後まで虐殺全滅エンドになるんじゃないかというハラハラ感があって楽しめた。

主人公は挑戦者であってほしい、最後は戦人とベアトの徹底的な斬り合いを見たかったけど、六軒島と黄金郷を文字通り壊しつくした綺麗な終わり方だった。

そういう意味ではラムダこそが挑戦者だった。これもひぐらしとは逆の対比になっていておもしろい。人気投票にはラムダに入れるしかないところだけど、一番好きなのはヱリカです。

思い返してみると、想像の遥か上の展開が続く傑作だった。Ep1の本編を読んで、「地味なひぐらしか?」と思った矢先、お茶会にベアト本人(立ち絵)が出てきた衝撃は4年経った今も忘れられない。Ep1本編を読むと明らか犯人は島の誰かでベアトは実在しない流れだから、いきなりファンタジーなベアトが出てくるのは不意打ちだった。しかも話がややこしくなるから羽入的な存在を出して来る訳がないと思い込んでたからなおさら。

その後、魔法がエスカレートしていき、ワルギリア対ベアトでやりたい放題になってるところで戦人がバッサリ否定してるところも印象的だった。

ニンゲンも幻想の住人もかなりの数が出てたけど、全員キャラが立ってるのも良かった。思考が微妙に違ってて決定的に解り合えない大人たちの描写はホント良かったと思う。

ここまでメタ的な要素をやり尽くすと次はどうなるんだろう。
実際に山羊さん参加型のゲームになるんだろうか。

とにかく次があってほしいです。何かがなく頃に。

その他感想

ベルンのゲーム盤

(1)ゲーム盤は解けるんだ!4時間くらいかかったけど・・・

(2)しかし、これはつまり他のゲーム盤はこれだけルールと紫がないと解けないってことなんだよね。特に嘉音は死亡をあっさり赤で確定したのが衝撃的だった。

犯人のみが嘘を吐くルールとかがなかったらどの家族にも犯行可能。他にもいつものパターンなら嘉音は死亡が確定されず、好き勝手に動き回る。おそらくこのやりとりで話の半分以上が費やされる所。でも行方不明の嘉音が死んでいる(存在しない)事を確定するのは悪魔の証明だから不可。どんなに青を連発したって絶対に魔女側が逃げ切れる。

(3)ところでこれってEp5のタイミングで見せていたら最高だったと思う。(ひぐらしでいうところの目明し編)

解けるということが示されていたら他のトリックに関する考察ももっと深まっていたと思う。ただ、人間犯人説や嘉音の正体を明らかにすると話が続かなくなってしまうから難しいのだろうけど。

八城十八の正体とかゲーム盤外のこと

十八の正体は完全に騙された。でもこれアニメじゃ表現するの無理だよね。

ところで、戦人が六軒島を出る前後の記憶がないこと(つまり辻褄の合う理由が無い)、縁寿直前にビルから飛び降りてたり、Ep4では死んでたりすることから考えると、これは後から書き換えられた話だと思える。ベルンがEp4で言ってた一番マシなカケラを見つけてきてくれたんだと考えると幸せになれる魔法。

密室殺人トリックは解けるのだろうか?

もう一度Ep1から読み直してみたいところだけど、気になった点。

(1)殺し方
 おそらく初期のシナリオは、殺し方について考えて作られていなかったと思う。というのもEp5くらいまでは殺人方法は悪魔の証明により説明不要ということになっていたから。単純にフーダニット、あるいは密室の作り方のみを追求するゲームとして作られたのだと思う。それがEp6あたりから殺人方法も追求するようになったので、今回「餓死」なんて訳のわからない言葉が出てきたのではないか。

(2)どの密室が解けるのか
 「幻は幻に」というトリック(?)もあり得るので、Ep7のウィルとクレルの斬り合いから解けそうなものを推測するしかない。

(3)本当に解けるのか
 密室のチェーンが長かったとか、壁を越えて脱出したとかが可能なら大体説明できるんじゃないかな。逆に相手にチェーンが長いと指摘されれば、壁を越える。壁を越えると指摘されれば排水溝が人間の通れるサイズだった・・・と延々とトリックを変えることができる後出しジャンケンみたいなところが魔女のゲームのいやらしさ。これじゃいくら山羊さんが押し寄せても勝てるわけないよね。(思考停止)

|

« 魔女幻葬 【うみねこのなく頃にEp7ネタバレ】 | トップページ

うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔女幻葬 【うみねこのなく頃にEp7ネタバレ】 | トップページ